穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

やっと落ち着くかと思ったのに…

昨日、刑事裁判でお世話になった時の弁護士の先生から連絡があった。
もう判決も出て、2週間の間は控訴してくる可能性もあるとは聞いていたけど…
ギリギリになって、控訴してくるとは思わなかった。


『加害者側の弁護人が、東京高等裁判所に控訴したとの事』


ちょうど、お昼休憩でLINEを見た時…一瞬、目を疑った。
恐れてる事が起きたと思った。
控訴審が開かれるまで、また2~3ヶ月かかるらしい。


法廷で、被告が泣く事は少なかったが
遺族に謝罪の言葉を口にしながら…
結局は、全然反省していなかったのかと思うと
何でも相談していた穂乃香は、被告に裏切られたも同然だと思った。
先輩に裏切られた形になって、穂乃香も悔しいと感じてないかな…。


後輩2人を死なせておきながら、覚えてない、やっていない…って。


あまりにも自分勝手じゃないですか…。
あなたは、刑を終えてから 帰る家があるけど
もう穂乃香は二度と帰ってこないんですよ!と大きな声で言いたい!!
返して!
私の大事な穂乃香を。
人生狂わされた私の時間を返して!


遺族の気持ちが被告には届かなかったのが一番辛い…。


ごめんね。穂乃香。
みー、なんも穂乃香の役に立ってないよ…。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。