穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

心に響いた一曲…。

いつも、車の運転をする時は
ウォークマンをFMに飛ばして、シャッフルで音楽を聴いて楽しんでいるんですが…


つい最近の話…


朝の通勤の渋滞で、この曲が流れてきたら
すっと入ってきて、自然に涙が溢れ出してきました。


映画『祈りの幕が下がりる時』の主題歌で
JJの『東京』という歌詞です。




誰もがみんな秘密の中で 本当のこと隠して生きている
時計の針を巻き戻せたら あの日に帰りたい


東京の灯りが照らすの 彷徨ってた愛(かな)しみまで
 この街は あなたがこんなにも溢れているから


  巡り合う運命を 信じているの ずっと
記憶の中で何度も あなただけ追いかけるの
「さよなら」は別れじゃなくて 果てない愛の約束
どんなに遠く離れても 祈ってる 微笑みを


「月も見えない泣きそうな空も
 その向こうには綺麗な流星(ほし)が降る」
いつかだれかが呟いていた 言葉が響いてる


東京の景色は変わるの 急ぐように 置いてかれた
変われない私の心は あなたをまだ探してる


抱きしめて 痛いほど 強く抱きしめてほしいの
夢の中でもいいから 何度でも ねえ何度でも
愛しさを分かち合うこと あなたが教えてくれた
 つないでた手のぬくもりを 忘れたりしないから


街の光が 掻き消す夜空
 名もない星座 瞬き合って
 つながっていることを知らせるの


巡り合う運命を 信じているの ずっと
記憶の中で何度も あなただけ追いかけるの
「さよなら」は別れじゃなくて 果てない愛の約束
どんなに遠く離れても 祈ってる 微笑みを


もう一度 逢えるまで



JUJU 『東京』Music Video



穂乃香への思いが重なって、
何度聴いても涙が溢れてきます。
大切な人を失ったときの感情が、この歌詞に表現されています。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。