穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

すっごい偶然。

昨日、自分の目的の用事があって
電車で、5駅離れた場所へ車で向かっていた時のこと…。
友達の実家の前を通るルートで走行中、
私がLINEで『只今、〇〇の家の前を通過中~』って打ってたら
ちょうど〇〇ちゃんが、実家のお母さんに手を振りながら
玄関から出てきたところを車で偶然通りかかって、
あまりのタイミングの良さに私のテンションがあがり
彼女を最寄りの駅まで送っていってあげよ~って瞬時に思い、
車を停車しようとバックミラーを見たら
後続車が何台も連なっていて、おまけに狭い道だったので 

ここは断念…(;_;)


かなり進んだところで、『〇〇を実家の玄関で発見!!』と再度LINEで送ると
一気に既読になった(笑)
相手も、きっと びっくりしたんだろう(笑)


彼女の乗り継ぎの最寄駅が、私の目的駅だったので
急遽、待ち合わせをして カフェでお茶をすることになった。
このブログにも、以前に登場した彼女…。
つい、こないだ会ったばっかりだったけど、募る話もあって
ちょっとだけのつもりが、彼女は旦那さんや子供に連絡を取って
許可が出たからと、17時から22時まで店をはしごしながら 

いっぱい話した。


穂乃香の話を時折盛り込んでも、快く聞いてくれた。


昔みたいに時間を気にせず、ゆっくり…って事は出来なくなったなぁ~
私は一人になっちゃったけど、彼女には旦那さんや子供もいるから
長い間引きとめる事も出来ないし…な~んて心の中で呟いてる自分がいた。


帰り、改札口から彼女の姿が見えなくなるまで見送った。
これは、穂乃香がいた時と同様、何一つ変わらない…。
小さい頃から、うちの母親が私にしてくれたように…。
穂乃香にも、穂乃香の姿が見えなくなるまで見送る、当たり前に身に付いていた。
今はもう、それができない…。
みーは、悲しいよ…。


友達によっては、別れ際に振り向かないで
さっさと帰る子もいるけど、それはそれでいい。
無事に帰ってね…という願いで、
私は、みんなのうしろ姿を見ているだけだから…



でもね、
ここだけの話…


当初、私の目的があって車で出かけたのに…
友達に偶然会って、テンションがあがってしまって、
結局、自分の目的をすっかり忘れっちゃったというね…(^_^;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。