穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

あれは…

まだ穂乃香が家にいた頃、仕事で帰りが遅くなった私が
家まで薄暗い電灯が付いている帰り道を歩いていた時の事…。


電線にふと目を向けた時、
突然、黒いもこもこした物体が飛び込んできた。


えっ、猫?(*_*)


電線を素早く渡り、途中 振り向きざまにこっちを見た。
マンション付近で、私がもう一度振り返った時には、もういなかった。
なんだか薄気味悪くて、部屋に入ってからすぐ穂乃香に話した。
その時の光景を思い出すと、不気味だった感じをはっきり覚えてる。


穂乃香は、へぇ~と言いながら
全然驚きもせず、追っかければ良かったのに~って、残念そうだった。
その時は、その話題の他にも話す事もいっぱいあったので流れてしまった。


毎日の帰り道で、必ず目に入る電柱だから、全く忘れた訳ではなかったけど…
穂乃香がいなくなってから、あの時の事が気になりだしていた。


もしかしたら…あの時、私が悪い物でも見たから
穂乃香を連れていかれちゃったのかな…と思う気持ちが
徐々に大きくなってきて
つい最近、マンション入り口付近にも ハトが現れたりしたから
ちょっと気になり出してきて、ネットで調べてみた。


調べてみると…
同じような物を見てる方の情報が多く寄せられてあって、
その内容を見てみると、その正体は…ハクビシンだった(*_*)


実際、ハクビシンなんて見た事がなかったから…
確かに暗いとこならネコにも見えるな(^_^;)


でも、あの時の正体がわかって良かったヽ(^o^)丿


ちょっとスピリチュアル的な事も考えたけど…
ぜ~んぜん、違った(>_<)












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。