穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

人生を変えてくれた人…。

今年の24時間テレビのテーマ、

『人生を変えてくれた人』


毎年、この時期は穂乃香と欠かさず観てたテレビ…。

穂乃香がいなくなった今も ひとり観ながら

子供達がひたむきに挑戦する姿に

胸打たれて涙が止まらなくなる…。


そして…

世の中には、いろんな形で人生を変えてくれた人が

いると思う。


穂乃香が この世に生まれてきてくれた事…

これも、私の人生を大きく変えてくれた。


その根本的な土台を作ってくれた人…

私を強くしてくれた原点がある。


それは、以前勤めた歯科医院の先生の言葉。


10代の頃は、のろまな性格で 向上心もなく…

何やっても中途半端だった🙍


身内からも、

歯科助手なんて、あんたに務まんのかね~?😅

って言われながら…

給料も良さげだし、ナースの格好にも憧れてたし

とりあえず軽い気持ちで就いた仕事だった。


器具の名前も、用語もたくさんあって

私の脳みその中には、入りきらないくらいだった。


ちょっと仕事内容を紹介すると…

歯の神経を抜いた時に行う根管治療…。

ブローチと呼ばれる細長い針のような器具の先端に

綿花を薄く巻きつけたものを先生に素早く渡さないといけないんだけど…

不器用な私には、なかなか慣れなくて

素早く巻く事が出来なかった😞

患者さんの歯の根っこの状態をレントゲン撮っても、特殊なエプロンの隙間から光が入っちゃって、上手く撮れない😞


歯型を採るのに石膏を水で加減しながら

良い固さ具合に盛らないといけなくて

水を入れ過ぎて和やらか過ぎると、患者さんの喉の奥に流れ込んで、ゲー🤮吐かれる事になるし、ゆっくりかき回してると すぐ固まってしまう。


毎回、歯型を採る時は時間との勝負だった。


当時、のろまな私には毎日悩みの連続だった…。


まだ若かったから、ちょっとくらいの失敗も

初めは許されたものの、

根っからの のんびり屋の私はマイペースで

ずいぶんと周りに迷惑をかけました😞


その時、先生に

『○○さんの為に時間が回ってるんじゃないんだよ』

って言われて、初めて悔しい(≧口≦)ノって気持ちになりました😢


当時は、この言葉がキツくて

毎日家に帰ってから泣いてたのを覚えています。

でも、この言葉で目が覚めて

自分が変わらなきゃダメなんだと気が付かされました。


そこから、一生懸命覚えて

なるべく失敗しないで、先生にも怒られないよう、

必死で食らい付いて頑張りました。

この先生に会って、自分が成長出来たと言っても

過言ではありません。


その後、就いた仕事でも

テキパキした行動で動けるようになってきて、

暫く会わなかった友達にも、変わったね~😱って言われてきました。


穂乃香は、当時の私とおんなじ。

マイペースで のんびりした性格だった。

昔の自分の性格を棚にあげて、のんびりした性格を怒った事もあった。

でも、 それが穂乃香の個性であって、人に好かれる性格でもあったんだ😊



24時間テレビの中で、黒柳徹子が人生を変えてくれた人の言葉で、『好きなことやって生きていくこと』


黒柳徹子が、当時 仕事の過労で倒れ、

入院してた時に出演したい仕事も見送る羽目にあって、どん底の気持ちでいた時に病院の先生に言われた言葉だった。


そうか…

私も、穂乃香を失って 今は絶望感しかなくて

この先の生き方を探してる最中だけど…


人に迷惑をかけないで、好きなことをしながら

ゆっくり生きていけばいんだって思いました。


生きてると嫌なことばかりが多い…😞


でも、自分の残りの人生…

なるべく嫌な事からは避けて

生きていってもいいのかな…😊

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。