穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

ベランダから見る夕陽が好き…

今のこの家を購入したきっかけは…
ベランダから見える
夕陽が沈む時の空の色が、すっごく綺麗だったから…



10年前は、この夕陽を一人で見ることになるとは
想像すらしてなかった…。
一生懸命働いてきて、やっと手に入れたマイホーム。


穂乃香と暮らしていくなら、どんなとこでも良かったけど…
どうせなら将来 穂乃香にあげるつもりで
みーが 汗と涙で頑張ったきた証を
穂乃香にも引き継いでもらいたかった…。


今はこの時間になると
切なくて虚しい気持ちになる。


山の裏に沈んでいく夕陽…
数分間、なんとも言えない寂しさが込み上げてくる。


今となれば、偶然とも捉えられる言葉だけど…
以前、ブログにも書いたけど
3年前の私の誕生日に
穂乃香から、手作りアルバムの誕プレを渡された。



そのアルバムの最後のページに



まるで、穂乃香自身、
旅立ちがわかっていたような…
そんな言葉にも感じとれる。


今、なにを思っても
穂乃香が帰ってこない現実を突き付けられてしまう…。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。