穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

穂乃香…消えないで。

昨日は、処方された薬のおかげで
昼間は眠りに眠ってしまったので、夜 なかなか眠れなくて…
暫く 旅行の本を見たり、携帯をいじったりして
夜中2時くらいにやっと、うとうとして眠りにつけた。


その間、内容もはっきりしない夢だけど
2本立ての夢を見てたようだ。
1本目は、俳優の古川雄輝とラブコメディっぽい感じの夢で
いい感じまでいって、すぐに終わってしまった…(^_^;)


2本目は、穂乃香に妹がいて
穂乃香はお姉ちゃん(^^)
夢の中の設定でも、事実と同じ 穂乃香は事故で亡くなっている。
夢の中では、私も その事をしっかり受け止めていた。
妹は、穂乃香と同じ名前で 『ほのか』13才…。
穂乃香が、この家に引っ越して来た時と同じ年齢…。


ほのかは、中学生になって部活をどこにしようか迷っていた。
言葉は一切発せない…。
こっちからの問いかけで、ほのかは首を振ったりして意思の確認を取っていた。


『お姉ちゃん、テニス部だったから ほのかもテニス部にする?』って言うと、
はにかみながら 首を横にかしげた。


あら…嫌なのね😓
穂乃香姉ちゃんは、テニス部の練習 過酷だったもんね(^_^;)


『お姉ちゃん、夏は炎天下の下で練習して、真っ黒に日焼けしててね
     みんなから (こげぱん) ゆうあだ名を付けられてたんよ😊』


『お姉ちゃんの時は、高校卒業して家から離しちゃったから、
  今度はお母さん、絶対に ほのかを離さないからね』と言うと、


満面の笑みで、私の方を見てくれた。


ほのか…笑ってくれた。
嬉しかった…。
ずっと言えなかった事が、穂乃香に伝えられたような気がして…。


『絶対に離さないからね…』って言う言葉と同時くらいに ほのかは消えてしまった😢
チロッと目を開けて時計を見たら朝5:15だった。
そこから、また目を瞑ってしまったら、am 8:22になってた(^_^;)
10分くらい目を瞑ったつもりが、3時間も寝てたんだ…。


その30分後に今回事故にあった時の警察の担当の人から連絡が入り
現実に戻される…。



でも…
久しぶりに穂乃香が夢に出てきてくれて、
笑ってくれてて安心した。


私が見る夢は、亡くなった者は絶対に口を開かない。
逆に起きてる時に ふぁ~っと 穂乃香の声?が聞こえてくることの方が多い…。
頬に触ってくれるような冷たい感覚も、必ず起きてる時に起こる現象。
その代わり、夢は ほとんど見せてくれないし、しゃべってもくれない…。
起きてる時に不思議な現象は起きても、穂乃香の姿が見えないのはとても辛い…😢


1本目の夢を見た時の俳優さんも、深夜の番組で何度か見てただけで
全然興味ないのに…
しっかりと古川雄輝と会話してたし…(^_^;)
この世に生きてる人物とは、夢では話せるんだ。


なんで、穂乃香とはしゃべれないんだろ…?
姿を見たい~😭
いっぱい話したい~


みー、いろいろ厄介な事が次から次に起きて
心が折れそなの…😢
もっといっぱい夢見せて…消えないで…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。