穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

やっぱり…眠れない

どうしてだか、日曜の夜は眠る事が出来ない…。
眠りにつくのは、また朝方4:30コースになるかな…(;_;)


こうやって起きてると
穂乃香の事ばっか考えちゃう…。


365日、穂乃香、穂乃香、穂乃香…だね。
気持ちが休まる日がないなぁ。
穏やかに暮らせる日って
いったい、いつやってくるんだろ…。


ほんとにムリなんだけど…
穂乃香の側に連れて逝って欲しいよ…。


穂乃香…なんでいないの。
なんで、みーを一人にしちゃったの…。


生まれてから悪い事ばっか起きる運命なら
もうお終いにしてよ。
生かされてる意味が全然わからないって(;_;)


ごめんなさい…
病気で一生懸命に闘ってる人だってたくさんいるのに…
命の大切さをわかっていながら、こう考えてしまう自分が情けないな…。



今日は、民事裁判がある日。
民事の方は、弁護士の先生に任せている。
だけど…
加害者側の主張で、でたらめな事ばかり並べた書面を
先日受け取って相当な憤りを感じる。


いま、加害者と話せるなら…
完璧な人間なんて この世にはいないんだよ、
でも、起きてしまった事は もう後戻りできないんだから
自分の犯した罪を素直に認めて
2人を亡くしてしまった事を心から償って欲しい…。
あの事故の日から
穂乃香のこれからの人生、私の人生が全部狂ってしまった…
みんな加害者が巻き起こした事なんだよ、
それなのに なんで自分ばかり守る…?
おかしいだろ…。


法律だって、なぜ被害者より加害者を守る?
そんなんだから、犯罪だって一向に減らないだろが…。
加害者を野放し状態で
いざ再び犯罪が起きた時に慌てて…
警察側が弁解して…
最後は、責任のなすり合い…


アホか…。



来月の刑事裁判で、二審の判決が出るから
その結果でどう変わるかが問題だけど…
加害者側の弁護士も相当変わった人なので
今後、長引く可能性もある…。


あの日から時間は止まったまま、

ずーっと不安は消えない…。

押し潰されそう…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。