穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

2015年の9月21日の出来事

今から2年前の事だけど…


穂乃香が就職先で社長賞を頂いたと連絡がきて
急遽、休みの都合を合わせてお祝いすることになった。
お昼に待ち合わせしたから、時間的にどこのお店も混んでいて
お祝いは、穂乃香の苦手な中華で乾杯!



就職して約半年…
研修生で接客にも慣れてきて
お客様から頂くアンケートにもお褒めのお言葉たくさん頂いて
だんだん自分にも自信がつき始めた頃だったね



日々、いろんな体験して勉強になるって
嬉しそうに話してたね


前にも記事に書いたけど
穂乃香を無理矢理に手元から離しちゃったこと…
今更だけど…後悔し始めてる。


自分がシングルになったことで、
もし私が先に逝く事を考えたら、手に職をつけてもっと自立して強くなって欲しかった。
私のエゴで、家から絶対に離れたくない!!って言ってたのを無理に離しちゃって…
厳しい親だったよね…ごめんね


この業界、穂乃香が決して好きで就いた職業じゃなかったけど、
毎回会う度に成長する穂乃香がたくましく、いとおしく思えた。

穂乃香には会うたび毎回のように
『働くのは大変な事だけど まずは3年我慢して
それでもどうしても無理なら 家に帰ってきなさい』と伝えていたけど…


就職して1年ちょっとで、予期もしない交通事故でこの世を去ってしまった。
未だ信じられない、信じたくない。
 
穂乃香は、なるべく家の近くに戻ってきたくて
転勤願を出していたことを同期の子から聞いた時は
涙が止まらなかった。


家から就職先へ送り出して1年ちょっと…
穂乃香が親元を初めて離れ、慣れない土地で頑張った月日と
貴女を失ってから1年2ヶ月…
月日が同じくらいになりました。


この先は穂乃香の供養として
この世で穂乃香が生きた19年間、私がこれまで以上に歯を食いしばって
踏ん張って生きていかないといけないのかなぁ
今すぐにでも穂乃香のそばに逝きたいのに…
みーは、これまでだって たくさん頑張ってきたつもりだよ…
長生きしたくなんかないよ~
自分の運命、恨んでこの世を去るんだと思う。
私の人生、これまでだって辛い事が多かった。


ただ穂乃香と出逢えた事、何よりも幸せな19年だった。


いま、穂乃香のいない世の中を耐えていくのが とても辛い。
早く逢いたい…。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。