穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

感謝の気持ちを持って前に進もう…

ここのところ、
仕事で帰りが遅くて体が悲鳴をあげている。


今日、明日と仕事へ行く予定だったけど、新しい乾燥機もくるし
明日は穂乃香の月命日だし…断ってしまった。


相当疲れてたのか、今日はお昼近くまで寝て
夕方、長年使っていた乾燥機の引き取り業者がきた。
穂乃香との思い入れがある乾燥機が玄関に運ばれていく時、
また一つ 穂乃香との想い出とお別れした感じで…
込み上げてくるものがあって、寂しい気持ちになった。


そのあと1時間くらいして…
穂乃香が亡くなってから、私一人で生活しているのを
いつも娘のように心配してくれる隣のおばさんが
今日はお孫さんのお誕生日だったようで、
『お赤飯を作ったから食べてね』と持ってきてくれた。


同じフロアに挨拶しかしない住人が多く、それが普通なのかな…?
って、集合住宅に違和感をもって暮らしてきたけど
こうやって気にかけてもらえて、本当に感謝です。


今日の夕飯は、頂いたお赤飯を穂乃香と美味しく頂きました。
ふっくらして、とても美味しかったです。
ありがとうございました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。