穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

これから裁判を迎える不安…

今月末、穂乃香の交通事故の裁判が始まる。
事故から1年半経って、やっとだ。


2016年06月30日、23時頃までは携帯の履歴を見ると確かに生きていた。


ひとり親で元旦那からの援助も中学から一切なしで、
3歳の時から穂乃香を引き取って、2人で一生懸命頑張ってきた。
1人っ子っていう事もあって、目に入れても痛くないほど可愛くて(親バカですみません)
時には厳しく父親の代わりを 時には姉妹のように、
時には親離れ子離れできないくらいにベッタリと…。


日常の挨拶とか、人に対する礼儀とか…
門限も夜7時半までに帰らなかった場合、お小遣いから1000円ずつ減っていく…。
私の元で育てる以上、くだらない連中に巻き込まれないよう目を光らせていた。


私がまだ10代の頃は、穂乃香に忠告する事がウザいくらい真逆で
複雑な家庭環境だった為、寂しさのあまり散々悪い事に手を染めてきた。
母親を困らせる為に警察沙汰になる事も多く、夜遅くまで家に帰らない事もあった。
自分の経験から、穂乃香だけには絶対に寂しい思いだけはさせまいと
離婚後、彼氏も一切作らなかった。そこは絶対にブレてはいけないと自分に誓った。
周りの人から言わせると、近寄るなオーラが大きかったと後に言われた。
男の人にすがるより、自分で一生懸命働いて 将来、穂乃香に託すものを目標として
頑張る事が私にできる事だと思った。
田舎だから安い物件だけど…やっとの思いでマイホームも手に入れた。
2人だけの暮らし…すごく幸せだった。


言葉だけでなく、いつも一生懸命 頑張っていれば
いつか必ず自分の欲しいものは、手に入るものだという事を
強く穂乃香に教えてあげたかった。


とかく口うるさかった私だけど、一人娘を大事に大事に育ててきた。
穂乃香が年頃を迎える頃には、親子というより姉妹の存在の方が近かった。


私がいつどうなっても、一人で生きていける強い精神力が付くように…
これは親のエゴでもあるけど…
穂乃香を自立させたい一心で、高校卒業後は親元から絶対に離れたくないという
本人の希望もよく聞かず、無理やり家から出し就職させてしまった。


本人も意思を決め、一人でやる気になってた矢先の交通事故…。
職場の女先輩の車で、その先輩が出したスピードによる事故だった。
その日の夜は、雨も降ってなく…
50km規制の道路を110km近く出して、横転した下敷きになってしまった。


後部座席に3人乗っていたが、真ん中の子だけは奇跡的に無傷だった。
穂乃香ともう一人の子は、車外に放り出され…亡くなった。



就職して、まだ1年ちょっとしか経ってないのに。
まさか…という思い、
穂乃香のこれからの未来、
今まで一生懸命やってきた私の思い、


全部、打ち砕かれてしまった。


何も残らない、大事な宝物を失った絶望感。虚しさ。
ひとりぼっちの暮らし。
全部、失くしてしまった。


日が近いのに弁護士からは連絡もなく、昨年から不安な日を送ってる。
唯一、頼れる身内も 難しい裁判事に一切興味を示さないのか、連絡も殆どない。
友達の一人から、裁判の傍聴を希望してきた人もいたが
あまりにも興味津々という感じだったので断った。


興味津々の友達に正直、本音を言いたい!!
自分に置き換えて考えてみたら、我が子を亡くすという事は、
どういう気持ちになるか…
きっと、彼女には想像もつかない事なんだろう。
初めのうちは毎日LINEもくれていたのに…今ではほとんどない。


私が今まで強く生きてきたから大丈夫だと思っているのかも知れないけど…
私は、そんな強い人間じゃない。
人の前で涙を見せたくないだけ。
今まで、女親だからって同情されるのが嫌なだけだったのに。


小さい頃から笑っていれば必ずいい事があるって…その言葉を信じてきたのに。


こうゆう友達と巡り合うのも運命…。
金の亡者の元旦那と知り合ったのも運命…。
穂乃香を失う事も運命…。
あれもこれも自分の運命…だと思って、辛いトンネルの中を歩いて
生き抜かなきゃならないのか?
あまりにも酷だよ…。


先日、気晴らしに旅のツアーにも参加したけど、正直 何も癒されない。
楽しくない…。
だって穂乃香がいないんだもん。


これから迎える裁判も、一人で立ち向かう不安でいっぱい。
元旦那も被害者参加する予定だけど…今さらなんで…?
葬儀にも呼んで、分骨もしてあげて、
穂乃香の葬儀の日に元旦那の彼女を会食の席で
身内(彼の)にも紹介させてあげたでしょ…。
その上、葬儀でかかった費用は一切払わない、被害者参加には出廷する、
いったい何がしたいの?


昔から、変なところにお金に執着のある人。
あればあるったけ使う、だらしない人。
お金に欲はあるけど、無駄なところに一銭も出したくない。


この人だけは、正直 出逢いたくなかった。


でも、この人と出逢ったから
穂乃香と出逢う事もできた。そこは感謝しないといけないのかな。


どういう風に考えても、やっぱ やり切れないよ…。
大事にしてきた穂乃香がいないんだから。



今の このグダグダの気持ち吐き出して、明日から仕事。
また笑顔で、今日の気持ちが何もなかったかのように 
普通の顔で行けるのかな、私…。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。