穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

4年ぶりの大雪…。

あの頃は、穂乃香も まだ17歳だった。


穂乃香を高校卒業させるまでは、自分の使命だと言い聞かせ、
また2人の生活を守っていく為に一生懸命 頑張っていた頃だったなぁ…。


前の仕事は、医療に携わった仕事で車の運転を要する仕事。
雪の日だから、運転出来ないは あり得ない。


2014年の2月14日、あの日も大雪だった。


テレビを見ていたら、昼頃から降ってきた雪の状況がテロップで流れて
ニュースでは、4年前の大雪の事が取り上げられていた。


私は、4年前の大雪の日を忘れる事が出来ない。


今から遡った4年前の2月14日。
今日と同様、昼ごろから降り続いてた雪が20cm以上積もっていた。
外は吹雪いて視界も悪かった。


元々、雪道を運転するのが苦手な私は
朝からなんとなく嫌な予感と怖い気持ちを抑えて、営業の外回りをしていた。
夕方18時過ぎに やっと薬局の納品が終わった。
タイヤにチェーンもつけてるし、大通りに出てゆっくり運転して帰れば大丈夫!! と
自分を信じて、慎重にハンドルを握ってスピードも出さず
交差点を通過しようとした瞬間…


雪の轍にハンドルを取られて、停まっていた対向車のトラックの横に突っ込んでしまった。
とっさの事で、ブレーキを踏んでしまったらしい。
当たる瞬間はスローモーションだったが、車の中で『怖い、怖い』と大きい声で連呼して、目を瞑ってしまったのは しっかりと覚えている。


急いで相手の運転手さんの安否を確認しに車から降りた。
幸い、ケガもされてなかったようで安心したが、まだ配達の途中だと言っていた。
相手にとんでもないご迷惑をかけてしまって、その場はただひたすら謝るしかなかった。


すぐに警察に連絡したが、来るまで4~50分かかった(-_-;)
この日は、警察も救急も事故対応に追われて、大変な1日だったという。


事故後すぐに自分の会社にも電話したが、
運行管理者は、自分の事情で交通事情がひどくならないうちに
とっとと帰ってしまったらしく、応対してくれたのは課の課長だった。
残念な事に運行に関して、ずさんな会社は山ほどあると思う…。
でも、何のための運行管理者なんだ?(*_*)


この日、事故の処理を終えて 22時頃に自宅へ帰った。
しょんぼりして家に入った私に 穂乃香が初めて作ってくれたグラタンを
テーブルの上に用意しておいてくれた。


それを見た瞬間、涙がポロポロ出てきた…。
あの時、食べたグラタン…
涙と鼻水で、ぐちゃぐちゃだったけど
すごく美味しかった(^^)
今でも忘れないよ…穂乃香。


今まで、まんまるのおにぎり🍙しか作れなかったのに…
私の事を気遣ってくれる、穂乃香の気持ちがすごく嬉しかった。


今日は、降りやまぬ雪を見ながら…4年前の大雪の事を思い出してたよ~(^^)




しょんぼりしてる私を元気づけようと、必死に笑かしてくれようとして…
あの時は…ありがとね(^^)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。