穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

日付変わって、7月1日。

この日は、一日が すごく長かった。
病院から、警察の霊安室に運ばれた穂乃香はシートを被せられ、
変わり果てた姿で、冷たくなってた。
ストレッチャーに乗せられ、もう二度と動かない体を何度もさすって
この場の状況が、なかなか理解できなかった。


そこから、調書を取る為 何時間もかかった。
朝9時頃から夕方5時頃まで警察署にいて
そこから、穂乃香が運ばれた病院までタクシーで行き
書類の関係上、話を聞いた後
駅までどこをどう歩いて帰ったのか記憶がありません。


ただ…
突然、信じられない事実を突きつけられて 
6月30日事故で、穂乃香が即死状態と分かった瞬間、
私の人生も終わったと感じた日だった。


家に戻ってから、お通夜・告別式の日程の打ち合わせなど
ひっきりなしにいろんな人から電話がかかってきて、
それも全部、一人で対応するしかなかった。


7月1日は、悪い夢でも見ているかのようで
目の前がボーっとして、これからの事が何も考えられなかった。


今起きてる状況が受け入れられなくて
ただ泣くしかなかった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。