穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

不安を胸に…

今日は、二審の裁判の日。

朝 早く起きて

たくさんの書類やら資料をバッグに詰め込んで

通勤通学の時間帯の満員電車を乗り継いで

都心まで2時間弱…。


幸い、座れたけど…

乗り換えしたあとは、人混み頭痛で具合い悪くなった😞


昨日は、不安で穂乃香の写真の前で

声をあげて泣いてしまった…。

不安で胸が潰されそうな思いだったので

安定剤を飲んで寝た。


情けない母親じゃね😞

ごめんね…穂乃香。

穂乃香が一番辛いのに…

みーが、もっとしっかりしないといけないのにね…。


電車の中は、制服着た女の子達が

楽しそうに友達と話してる。

そんな光景を目の当たりにして

穂乃香の輝いてた日々を思い出す…。


こな混んでる時間帯に

電車に乗るのは久しぶりなので

まさか、こんな所で地雷を踏むとは…😢

込み上げてくる涙を必死で堪えて

裁判所まで向かった。


これまでの事が、走馬灯のように ぐるぐると

頭の中で駆け巡り…


一審の判決から、半年以上も待たされ

今また二審で何を語るのか…。


一審の判決を不服とした段階で、

加害者には心からの反省はないものだと確信した…。




今日は、このあと

何を聞かされる事になるのだろか…。


辛い、苦しい…。

もう この場から立ち去りたい…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。