穂乃香、この空で繋がってるよ…。

2016年06月30日、就職先の同僚の車の後部座席に乗って
運転手によるスピードが原因で19歳という短い人生でこの世を去りました。

ひとり親で、一人娘を大事に大事に育ててきたのに…
一瞬で奪われてしまった命。

未だ信じたくない事実と向き合い、
優しくて明るく…そして何より母親思いの穂乃香が
いつもそばにいてくれてるような感覚で
懐かしく思った事や、また日々の出来事などを綴ります。

一周忌の法要を終えて…

昨日はお墓に行って
一週間早い、一周忌の法要を行いました。


穂乃香は晴れ女だったから
朝からいいお天気に恵まれて、汗ばむくらいの暑さでした。
貴女が荼毘に付されて旅立った7月7日の七夕の日は、
大概は雨なのに…
この日もいいお天気だったよね。


あの日…通夜、告別式と
会場に来て下さったお友達や後輩、学校、塾の時の先生や
遠方だった就職先から、わざわざマイクロバスで来て下さった上司や同僚の方、
総勢400人の方に参列頂きました。


あれから一年、時が経つのは早いもので 周りの暖かい励ましのお蔭で
いま、ようやく前向きに生きていこうと思うようになりました。


でも、穂乃香のいない世の中はつまらない…。




穂乃香に逢いたいよ…
抱きしめたいよ…


そんな事を思いながら、
昨日は礼拝堂の祭壇に飾り付けをしてる時から
涙が止まらず…
支度をしていたら、礼拝堂の担当の方が
若くして亡くした事から、穂乃香の遺影を覚えていて下さっていて…
暖かい励ましのお言葉をかけて頂きました。


そして、穂乃香とさほど変わらない年の
若いお坊さんにお経を唱えてもらい、
『煙』のお話をして頂きました。


墓前の前で亡くなった方にお線香をあげる時
焚いた煙が、合唱した手を通り
体を通り、頭の上に登っていく時に
亡くなった人の魂が合唱している方の体を通って
ありがとう…って言ってるような
そんな気がしますとおっしゃってました。


法要から帰宅して
穂乃香の遺影の前を
お花でいっぱいにしました。



部屋中、お花の香りでいっぱいですね


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。